学校生活(このページは本校広報委員と放送委員が作成しています。)

7月22日(土)~7月31日(火)アメリカ研修

7月22日(土)から10日間,2年生の希望生徒37人がアメリカ研修に行ってきました。アメリカで活躍されている日本人の方にお話を聞いたり,他国の留学生に積極的に話しかけたりして,大変有意義な時間を過ごしました。また,参加した二高生それぞれが自分の目標を再確認し,真剣に己と,そして仲間と向き合える時間になりました。
⇓以下は参加生徒の感想です。
「学問としての英語と,言語としての英語との違いを痛感した研修でした。様々な大学,研究機関を間近に感じたこと,友人達と協力できたこと,そして何より海外の留学生と主体的に交流できた,素晴らしい機会だったと感じました。」
「アメリカという異国の地で,様々な国籍の人達と会話,スポーツ,ゲームをして交流が持て,視野が広がるきっかけとなった。外国人の友達もでき,私の人生に大きな影響を与えてくれた研修だと思う。」




8月22日(水)校長講話

8月22日(水),本校講堂にて夏休み明けの校長講話が行われました。蒸し暑い中でしたが,校長先生の実体験等も交えたお話に対し,生徒たちも一人一人真剣に耳を傾けていました。夏休み明けの学校生活に向け,改めて気を引き締める機会となりました。


7月20日(金)校長講話

7月20日(金),本校講堂にて夏休み前最後の校長講話が行われました。夏休みをどう過ごすかなどについてお話になり,生徒たちも真摯に受け止め夏休みに向けて気持ちを新たにしました。


7月19日(木)薬物乱用防止教室

7月19日(木),本校講堂にて薬物乱用防止教室が行われました。薬物の具体的な種類や,人の体に与える影響などについて教えていただきました。絶対に薬物に手を出してはいけないという強い気持ちが大切だということがよくわかりました。


7月18日(水)~20日(金)岩手山登山

7月18日(水)~20日 (金),一学年による岩手山登山が行われました。岩手山登山は真の二高生になるための最後の関門です。一日目は安比高原スキー場でオリエンテーリング,二日目は登山,三日目は各チームごとに付近を散策しました。新しいチームメイトとともに辛い登山を乗り越え,絆を深めることができました。自然とふれあい,様々な経験を積んだ,充実した三日間となりました。


7月14日(土)オープンスクール

7月14日(土),オープンスクールが行われました。非常に多くの方が本校を訪れ,授業の様子や部活動を見学されました。講堂では学校説明のほか,バスケットボール部による二高体操や,合唱部による校歌も披露されました。また,今年から校内を回るツアーが始まり,より二高の雰囲気を味わってもらえるオープンスクールになりました。


7月6日(金)甲子園・インターハイ壮行式

7月6日(金),本校講堂にて甲子園・インターハイ壮行式が行われました。硬式野球部,フェンシング部,競泳部,水球部がそれぞれ大会に対する意気込みを語り,全校生徒から熱いエールを送られました。選手の皆さん,さらなる活躍を期待しています。


7月5日(木)三学年進路講演会

7月5日(木),本校柔道場にて三学年進路講演会がありました。講師は河合塾の山田祐子先生でした。祐子先生は塾講師としての経験を踏まえたうえで私たちにどのように過ごしていったらよいかを,わかりやすくお話して下さいました。今回学んだことをこれからの受験勉強に活かしていきたいと思います。

7月5日(木)2学年集会

7月5日(木),本校講堂にて2学年集会が行われました。旧3学年主任の名倉先生から新入試制度についてお話をいただきました。その後,英数国の教科担当の先生から,夏休みの勉強についてご指導いただきました。今年の夏は,英数国を完成させましょう。


6月28日(木)~7月6日(金)保育体験

6月28日(木),7月2日(月),4日(水),6日(金),本校の柔道場において,家庭基礎の授業の一環として1学年(320名)が保育体験を行いました。今回は,18組の親子が協力してくださいました。生徒たちは,授業で製作したおもちゃを使って遊んだり,抱っこしたり乳幼児とたくさん触れ合いました。乳幼児と触れ合う機会が少ないので,貴重な体験になりました。ママ講師に質問したことで子育ての楽しさや大変さを知ることができ,大変充実した時間を過ごすことができました。


<生徒の感想>
・最初は,子供たちに逃げられたりしないか不安でしたが、仲良く触れ合うことができて嬉しかったです。一番印象に残ったことは,2歳の男の子が自分より大きなバランスボールを延々と蹴り続け走り回っていたことです。子どもたちは私が思っていたより器用で、体力があるということを実感しました。「子供が生まれてきてくれてよかったことは何ですか」とお母さんに尋ねたところ「仕事は楽しいけれど幸せはくれない。子供は大変なことばかりだけど幸せをくれる。」という答えが返ってきました。目から鱗が落ちたような気分でした。それが実感できるなら子育ては素敵なことだと思いました。子供たちは,元気で可愛らしく,保育に対しての前向きな気持ちが生まれました。(女)

・保育体験は,とても楽しみでした。生後8ヵ月の赤ちゃんと触れあうのは貴重な体験なので,できる限り赤ちゃんとたくさん触れ合いたいと思いました。最初は、子供達の予測不能な行動に困惑していましたが、お母さん方のサポートを頂きながら少しずつ馴染むことができました。お母さん方は,「旦那さんには料理を作っている間に子供をあやしたり,皿洗いをしてくれると助かる」と話していました。自分は、もともと育児には積極的に関わっていこうと思っていたので,この意識は持ち続けようと思います。実際に赤ちゃんに触れ合ってみることで,子供をもつということの喜び,責任感,大変さを学ぶことができました。(男)

・初め緊張していましたが,子供が楽しそうに走り回っている様子を見て「かわいい」と思い,緊張は一気に吹っ飛びました。子供の扱いに馴れていない私にも小さな声で自己紹介をしてくれたり,握手をしっかりしてくれたり,遊んでくれたりしたので楽しい時間になりました。また,子供が疲れて寝てしまってもお母さんが子育ての話をしてくれて勉強になりました。今回体験したことは,自分のためになったと思うので,これからも機会があったらぜひ子供と積極的に触れ合いたいと思います。(女)

・私は今まで、正直小さい子供があまり好きではありませんでした。しかし,今回の保育体験では,小さい子供を抱っこしたり一緒におもちゃを使って遊んだりと,とても楽しい時間を過ごすことができました。また,お母さんに子供の写真や服,母子健康手帳などを見せてもらい、子供のものを大切にとっているのだなと思いました。自分の写真なども親に見せてもらいたいと思いました。今回の体験は貴重な体験になりました。(男)


<ママ講師の感想>
・子供が好きで興味のある生徒さんは、本当に目がキラキラと輝いていました。たくさんの質問だけではなく,積極的にコミュニケーションをとろうとする姿が見られ,こちら側もリラックスして伝えたい事が伝えられたと思います。子供達と接するのが苦手な生徒さんにも少しでも子供と接する楽しみや苦手意識改善になるような時間を過ごせるよう工夫してみました。また,妊娠中から1歳までの事を普段思い返す機会もなかったのですが、この4日間で沢山の大切な思い出やこれからの子育てについての考え方や気持ちなどを再確認することができました。

・保育体験の中で高校生と話をしながら、自分の妊娠中から今の生活を振り返ることができ,自分自身も改めて子育ての楽しさ大変さを感じることができました。高校生は、どのグループの生徒さんも初めはおっかなびっくりな様子でいましたが,娘と触れ合ったり,写真を見たり,手作り玩具で遊んだりするうちに笑顔で遊んでいる姿が見られて嬉しかったです。娘もとても楽しかったようで,初日は人見知りしていましたが,日を重ねるごとに自分から遊びに行くようになりました。質問をたくさん考えてきてくれている生徒さんもいて嬉しかったです。この体験を通して生徒さんに子育ての楽しさが少しでも伝わったら幸いです。

・娘の方が照れたり慣れずに逃げてしまい,あまり高校生のみなさんと触れ合うことができませんでした。しかし,自分たちの思い通りにはならない、それぞれ全く別の個性をもっているのだということを知ることができたようでよかったと思います。「叱るときに気をつけていること」「夫に何をして欲しいか」という質問を複数回受けました。父の役割に興味のある子が多いのかと思いました。

6月28日(木)二学年進路講演会

6月28日(木)本校柔道場にて,株式会社GRA代表取締役CEOの岩佐大輝さんをお招きし,二学年進路講演会が行われました。岩佐さんは,ミガキイチゴというブランドを立ち上げ,震災で被災した山元町の復興を助けるとともにミガキイチゴの魅力を世界に発信しています。「No Action No Future」という言葉から行動を起こすことの大切さを学びました。


6月28日(木)一学年多読講演会

6月28日(木)本校講堂にて,東北大学のベン・シャーロン先生をお招きして一学年多読講演会が行われました。英語の学び方について,技能別の実践方法や心構えについて,様々な角度からのアドバイスを頂きました。「継続は力なり」多読に限らず英語学習はこの言葉が基本となります。私たちも二高での三年間を通じて,英語の力を積み重ねていきたいと思います。


6月25日(月)芸術鑑賞会

6月25日(月)トークネットホール仙台にて,芸術鑑賞会が行われました。全校生徒で東京演劇集団風の「ジャンヌ・ダルク~ジャンヌと炎~」を観劇しました。最期まで信念を貫いたジャンヌの生き方から,様々なことを学びました。東京演劇集団風の皆さん,素晴らしい舞台をありがとうございました。


6月7日(木)定期戦・総体報告会 東北大会壮行式

6月7日(木)本校講堂にて,定期戦・総体報告会 東北大会壮行式が行われました。定期戦・総体報告会では,各部活の代表生徒が今回の総体での成果を発表した上で,これからに向けての意気込みを話しました。定期戦については,今年は惜しくも敗北してしまいましたが,来年の定期戦での勝利を誓いました。東北大会壮行式では,ここまで勝ち進んだ選手たちに向けて熱いエールを送りました。


6月2日(土)~4日(月) 県高総体

6月2日(土)~4日(月)宮城県高等学校総合体育大会がありました。我が校の多くの運動部が出場し,日ごろの練習の成果を余すことなく発揮しました。特に最後の大会である3年生は,試合にかける思いも強く,素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。今後の部活は代替わりをし,1,2年生が中心になります。先輩方の志を受け継ぎ,さらに素晴らしい部活動となるよう頑張っていきます。






5月26日(土) 軟式野球定期戦

5月26日(土)名取市民球場にて,軟式野球定期戦がありました。,應援團をはじめとする生徒が駆けつけ,選手たちを鼓舞しましたが,結果は惜敗となってしまいました。この戦いをバネに,今後の大会を勝ち抜いていってほしいと思います。


5月24日(木) メディアリテラシー講演会

5月24日(木)本校講堂にて1,2年生を対象に,東北大学大学院医学系研究所の榊浩平先生によるメディアリテラシー講演会が行われました。私たちの脳や勉強に対する集中力にスマートフォンが与える影響について,先生は一つ一つグラフで丁寧に説明してくださりました。スマートフォンの利用を1時間未満に抑えられるよう自分をコントロールする強い心を持つことが大事だと分かりました。


 5月20日(日) 吹奏楽部定期演奏会

5月20日(日)東北大学百周年記念音楽堂川内萩ホールにて,本校吹奏楽部の「第31回仙台二高吹奏楽部定期演奏会」が開催されました。今までたくさんの準備と練習を重ねてきた吹奏楽部が一丸となって作り上げた定期演奏会には,多くのお客様にご来場いただき,盛況のうちに閉幕しました。


 5月19日(土) ハンドボール定期戦

5月19日(土)仙台一高体育館にてハンドボール定期戦が行われました。應援團をはじめとした生徒たちの應援も,全力で戦う選手たちの背中を押す力となり,見事勝利を収めることができました。


 5月19日(土)三部定期戦

5月19日(土)本校体育館にて三部定期戦(バスケットボール,柔道,バレーボール)が行われました。それぞれ惜敗という結果にはなりましたが,應援團幹部を始めとした應援もあり,選手の皆さんも持っている力を出し切れたようです。この悔しさをばねに,高総体では良い結果を残せるように練習に励んでほしいと思います。



 5月17日(木)二学年『大学・学部研究』

5月17日(木)本校講堂にて二学年を対象にした大学・学部研究の講話が行われました。先生方から,大学の学部学科の特徴や違い,入試制度についての説明を頂きました。自己の生き方や進路について考える良いきっかけになりました。

 5月17日(木)一学年『探究学習』ガイダンス

5月17日(木)第一学年を対象にした探究学習のガイダンスが行われました。入試制度改革を見据え,二高で行われる活動や講演会,自分たちが行っていくべきことなど,様々なお話を頂きました。最後には志望校に合格した先輩方からのメッセージも紹介され,それぞれがこれからの高校生活に向け,決意を新たにした時間となりました。

 5月17日(木) 平成30年度総体壮行式

5月17日(木)本校講堂にて平成30年度総体壮行式が行われました。水泳部をはじめとする多くの部活動がこれから行われる高校総体に向けての意気込みを示し,全校生徒がそれに対して熱いエールを送りました。また,全校生徒が一丸となって雨か嵐かを叫びました。


 5月12日(土) 二高一高硬式野球定期戦

5月12日(土)楽天生命パーク宮城にて二高一高硬式野球定期戦が行われました。應援團幹部をはじめとする全校生徒が一体となって応援しました。一高側に主導権を握られる展開となり,2対9で惜敗しました。最後まで諦めずに戦う選手たちの姿が印象的でした。



 5月11日(金)定期戦壮行式  

5月11日(木)講堂にて定期戦壮行式が行われました。硬式野球部をはじめとする6つの部の代表が,大会に対する意気込みを語りました。全校生徒で応援歌「雨か嵐か」を歌い選手を激励しました。



 5月10日(木)PR行進  

5月10日(木)二日後に行われる二高一高硬式野球定期戦のPR行進が行われました。降っていた雨も途中から止み,日の光を浴びながらの一高との野次合戦となりました。定期戦を勝利で飾ることができるよう,全校生徒力を合わせて応援したいと思います。



 5月1日(火)創立記念講話

5月1日(火)午後,講堂にて,創立記念講話が行われました。講師の松田惺山さんは二高の卒業生で,鬼太鼓座の音頭取として,日本の音を伝える活動をされています。今回の講話では,鬼太鼓座の海外にわたる活動の様子を迫力満点の演奏とともにお話していただきました。実際に,和太鼓の演奏体験をさせていただき,和の心に触れることができました。

 4月27日(金)春季体育大会(大運動会)  

4月27日(金)平成30年度春季体育大会が行われました。今年も,綱盗りやリレーなどの様々な競技において二高生たちが白熱した戦いを繰り広げました。また,全校生徒で作り上げたマスゲームは,伝統を立派に引き継いだ素晴らしい仕上がりとなりました。



各クラスの大絵です。


 4月19日(木)生徒総会  

4月19日(木)午後,講堂にて平成30年度上半期生徒総会が行われました。一般会計や特別会計などの採決が行われました。活発な意見交換が行われ,有意義な時間となりました。


 4月10日(火)対面式・入団式

4月10日(火)午後,二高の伝統行事の一つである新入生と上級生の対面式,そして應援團への入団式が行われました。上級生は,新入生の入学を熱く歓迎しました。新入生には真の二高生となるべく,応援練習に励んでもらいたいと思います。

 4月9日(月)入学式  

4月9日(月)午後,講堂にて入学式が行われました。久保校長先生は「良い高校生活を」という言葉を贈り,新入生を激励しました。また,合唱部が二高の校歌を披露し,新入生はこれから始まる高校生活に向け,期待に胸を膨らませました。



 4月9日(月)着任式・始業式  

4月9日(月)午前,講堂にて着任式および始業式が行われました。着任式では,11名の先生方が着任されました。また,始業式では新しく赴任された久保校長先生から,初心を忘れず緊張感を持って生活することの大切さについてお話をいただきました。